IoT事例
CASE

レジャー レジャー

ゴミの溜まり具合を見える化し、ゴミ収集業務を効率化

スマートゴミ箱(仮称)

お客さま 管理者 スタッフ お客さま 管理者 スタッフ

ゴミ箱にセンサーを内蔵し、インターネット上でゴミの溜まり具合を遠隔から把握できるゴミ箱です。
PCなどの端末上のブラウザで数多くのゴミ箱を一括監視でき、ゴミが満杯になる前に、ゴミの回収担当者に知らせる仕組みも備えています。

サービス概要

1デバイス・センサー 2プラットフォーム 3GMOクラウドALTUS 4ヒアラブルデバイス
  • スタッフ

    スタッフが都度ゴミ箱の中を確認せずに、
    複数のゴミ箱のゴミの溜まり具合を、一挙に把握することができる。

  • 管理者

    スタッフの業務負担を軽減することができる。人手不足を解消できる。

  • お客さま

    常に衛生的なレジャー施設で、
    ホスピタリティー溢れる接客を受けることができる。

実証実験
ハウステンボスさま
ハウステンボステーマパーク内のアムステルダムシティ(約4万2,000平方メートル)全域にスマートゴミ箱(仮称)を設置。システム導入前後のごみ回収の効率性を比較、検証することで、パーク運営における有用性を探り、早期の実用化を目指します。今後、大型リゾート施設やショッピングモールなどへの展開も目指します。
ハウステンボスさまのスマートゴミ箱設置実証実験イメージ ハウステンボスさまのスマートゴミ箱設置実証実験イメージ
事例一覧にもどる